2012年10月21日

対藤田綾女流初段戦 角落ちで勝利

昨日(2012年10月20日)、伊勢合宿で藤田綾女流初段の指導を受けた。
手合いは角落ち。
今日は、その将棋を紹介したい。

藤田女流初段とは、昨年角落ちで負けている。今回は、是非勝ちたいと思って
伊勢合宿に臨んだ。

普段、駒落ち定跡を全く勉強していないので、【決定版】駒落ち定跡を行きの
新幹線の中で、にわか勉強。

今回は三間飛車で行こうと決める。

初手からの指し手
△6二銀 ▲7六歩 △4二玉 ▲7八飛
△6四歩 ▲4八玉 △8四歩 ▲7五歩
△3二玉 ▲3八玉 △8五歩 ▲7六飛
△6三銀 ▲2八玉 △1四歩 ▲1六歩
△4二銀 ▲3八銀 △5四歩 ▲5八金左
△5三銀 ▲6八銀 △9四歩 ▲9六歩
△4二金 ▲4六歩 △7二金 ▲5六歩
△8三金 ▲5七銀 △6五歩 ▲6六歩
△同 歩 ▲同 銀 △6四歩 ▲7七桂
△7四歩 ▲6五歩 △8四金 ▲7四歩
△同 金 ▲7五歩 △8四金 ▲9七角
(第1図)

44手目まで一気に進めたが、角落ちの下手で石田流はよくないと指摘を受けた。
確かに、浮き飛車は押さえ込まれやすく、平手とは違い角交換から捌くことも
できない。

第1図のあたりでは、うまく捌けず困っていた。
なお、ここまでで手順前後があるかもしれないが、その点はご容赦を!

20121021(第1図).png

第1図以下の指し手
△9五歩 ▲6四歩 △同銀左 ▲7四歩
△8六歩 ▲同 角 △7五歩 ▲同 銀
△同 銀 ▲同 角 △同 金 ▲同 飛
△6四銀打▲8五飛 △8四歩 ▲8六飛
△7四銀 ▲6六飛 △6五歩 ▲6八飛
△9六歩 ▲7五歩 △同銀直 ▲6五桂
△6六歩 ▲7四金 △7七角 ▲7八飛
△9九角成(第2図)

第1図以下も、なかなか捌けず、苦心の手順が続く。

第2図でようやく上手玉に食いつくチャンスが回ってきた。

20121021(第2図).png

第2図以下の指し手
▲7五金 △7七歩 ▲6四金 △7八歩成
▲5三桂成△4一金 ▲4二銀 △同 金
▲同成桂 △同 玉 ▲2二金 △3四歩
(第3図)

▲7五金以下、飛車を見捨てて銀を2枚取り、▲5三桂成で上手玉に食らいつ
くことができた。▲4二銀では▲5四金もあったが、本譜でも悪くない。

▲2二金は藤田先生に褒められた一着。挟撃体勢を作り、手応えを感じていた。

第3図は△3四歩と上部脱出を試みた局面。ここでは明快な手があった。

20121021(第3図).png

第3図以下の指し手
▲5三銀 △3三玉 ▲2一金 △3五歩
▲5四金 △6七歩成▲同 金 △7九飛
▲2五桂 △3四玉 ▲1一金(第4図)

第3図で▲5三銀と打ったが、「王手は追う手」の典型。
局後に藤田先生から「▲2三金の方がよい」と指摘を受けた。なるほど!

やはり、「玉は下段に落とせ」の格言どおりだ。

第4図直前の▲1一金は完全な見落とし。寄せを読み切っての▲1一金なら
格好いいのだが、そうではない。

20121021(第4図).png

第4図以下の指し手
△1一同馬▲4五銀 △2四玉(第5図)

△1一同馬に全く気づいていなかった。馬で金を取られてびっくり。
ここでは完全に負けにしたかと思った。

気を取り直して▲4五銀。△2四玉で△2五玉なら▲2六香で詰みなので、
玉で2五の桂を取ることができない。香を取ったのが寄せに利いている。

2五桂が盤上に残っているのなら上手玉を寄せきれそう。
何てラッキーなんだろう。これこそ怪我の功名。

20121021(第5図).png

第5図以下の指し手
▲4三金 △4七香 ▲4四銀引成△2二桂
▲3三金(投了図)
まで104手で下手の勝ち

下手の指し方は単純で、攻め駒の金銀3枚を上手玉に寄せていけばよい。

△2二桂で△3九銀の王手が気になっていたが、▲3九同金△同飛成▲同玉
△4八金▲2八玉△3八金▲同玉の局面は、金銀桂の持ち駒では詰まない。

▲3三金となっては、上手玉に受けはない。

20121021(投了図).png

本局は自慢できるような将棋ではないが、何とか勝つことができた。
この合宿で一番嬉しい出来事であった。
これで女流プロ相手の角落ちは卒業か?

最後に、藤田先生にはご指導いただいた上に、手順の再現にお付き合いいただ
き、感謝しています。
ありがとうございました。




記事が気に入ったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ




タグ:藤田綾
posted by yamataka at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック