2012年10月25日

角交換四間飛車 △2四歩の攻防

20121025(テーマ図).png

今日のテーマは角交換四間飛車。

テーマ図は私の実戦から(先手が私)。ここから△2四歩は成立するのか?

私は角交換四間飛車を指したことがない。
居飛車を持って数局指したのみである。
そのため、この戦型には詳しくないが、興味は持っている。

プロでは、王位戦で藤井九段が指してから注目度がアップしている。王位戦で
は結果に結びつかなかったが、卓越した序盤戦術を見せることができた。作戦
としては失敗ではなかったと思うが、相手が強すぎた。

その影響を受けてかどうか分からないが、王座戦第2局で羽生三冠(当時二冠)
が角交換四間飛車を指したのには驚いた。ただし、藤井九段のようには、うま
く指せなかったようだ。

久保九段も最近多用している。

ということで、プロの対局数が増えており、定跡が整備されるのも時間の問題
であろう。

初手からの指し手
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4二飛
▲4八銀 △6二玉 ▲6八玉 △8八角成
▲同 銀 △2二銀 ▲7七銀 △7二玉
▲2五歩 △3三銀 ▲7八玉 △2二飛
▲8八玉 △8二玉 ▲7八金 △7二銀
▲3六歩(テーマ図)

▲2五歩と突く場合、常に△2四歩からの反撃を警戒しなければならない。
△2四歩が嫌であれば、▲2五歩と突かない指し方もある。
あとは△2二飛と回られる前に▲3六歩と突き、△2二飛に▲3七銀を用意す
る方が安全かもしれない。また、▲4六歩〜▲3六歩〜▲4七銀の形を目指し
て、先に▲4六歩と突く指し方もある。ただし、その場合は△4四歩〜△4五
歩▲同歩△同飛が生じる。

ということで、テーマ図では2筋の対応が遅れているかもしれないと心配して
いた。

20121025(テーマ図).png

テーマ図以下の指し手
△2四歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲5六角
△2五銀 ▲3四角 △2七歩 ▲同 飛
△2六銀 ▲2三歩 △3二飛 ▲2六飛
△3四飛 ▲2二歩成(第1図)

▲5六角はこの形でよくある筋。後でプロの類似局面も紹介したい。
本譜は、角銀交換で先手が駒損だが、と金を作っており、難しいところ。
ただ、対局中は自信が持てなかった。

20121025(第1図).png

△1五角 ▲2五飛 △2四飛 ▲1五飛
△2九飛成▲3九金 △1九龍 ▲2一と
(第2図)

△2四飛がどうだったか?
ここでは△1四歩と角にひもをつけておけば、次に△2四飛のぶつけや△3六飛
〜△2六飛があり、後手も指せていたのではないかと思う。

本譜は▲1五飛と角を取る手が大きい。
第2図となっては駒得の上、角のラインで後手玉を狙う手もあり、先手がいい。
実際、本譜は▲3七角〜▲7四桂が実現し、先手が勝った。

20121025(第2図).png

ということで、次にこのような将棋になったら、早めに▲3六歩と突きたいと
思っている。

次に、類似局面を紹介したい。
2012年10月22日に行われた第62期王将戦リーグの羽生ー久保戦である。

第3図は△2二飛に▲3七銀ではなく、▲6八金右と指した局面。
▲3七銀と指さないのは、△2四歩を誘っているのか?

20121025(第3図).png

第3図以下の指し手
△5四角 ▲3七銀 △2四歩▲同 歩
△同 銀 ▲5六角 △4三金(第4図)

久保九段は△5四角と打って、▲3七銀と上がらせてから△2四歩と突いた。
これに対して羽生三冠は▲5六角と打っている。
▲5六角は、この形でよくある筋なのであろう。

20121025(第4図).png

第4図での優劣は分からないが、羽生三冠が勝っている。

△2四歩▲同歩△同飛とした将棋を2局見たが、次にいずれも▲5六角と打って
いる。△2四歩は一つの狙いではあるが、うまくいくかどうかは局面によると
しか言い様がない。

今度は、角交換四間飛車側を持って指し、戦法のレバートリーを広げたいと
思っている。






記事が気に入ったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ




posted by yamataka at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 角交換四間飛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。