2012年11月27日

ゴキゲン中飛車対▲5八金右超急戦 菅井新手2

20121127(テーマ図).png

ゴキゲン中飛車対▲5八金右超急戦。

私の実戦で菅井新手を試す機会が現れた(後手が私)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ図の△5七歩は、2012年10月16日のC級2組順位戦で菅井五段が指した
新手。

当ブログの2012年10月17日の記事で紹介しているが、そのときは△5七歩以下
の指し手には触れていない。

今日は、その村田顕弘五段対菅井竜也五段戦と私の実戦を紹介したい。

1.村田ー菅井戦

20121127(テーマ図).png

テーマ図以下の指し手1
▲6八金寄△8八角成▲同 銀 △3三角
▲2一飛成△8八角成▲5五桂 △6二玉
▲1一龍 △8九馬(第1図)

テーマ図の△5七歩に対して先手は▲6八金寄と指している。
「日本将棋連盟ライブ中継」では、▲5七同金は△8八角成▲同銀△3五角の
飛車金両取りで先手悪いと解説していた。

ただ、この解説に疑問がある。△3五角に対して▲4六角で両取りを防ぐこと
ができ、以下△2四角に▲同角が王手になる。以下、△6二玉▲2八歩(△2
七飛の防ぎ)△7二玉(参考1図)が予想される。

20121127(参考1図).png

参考1図は先手が2歩得だが、陣形がバラバラでまとめにくい。
これをどう見るかだが、本当に2歩得の先手が悪いのだろうか?

村田ー菅井戦に戻る。

第1図で△9九馬でなく、△8九馬とできるのがポイント。
△5七歩▲6八金寄の交換が入っていない形は、△9九馬と馬のラインを利か
すのが定跡で、△8九馬は▲4三桂成△5六飛▲5七香で後手が悪い。

本譜の場合は、第1図で▲4三桂成としても、△5六飛に▲5七香と打つこと
ができない。

20121127(第1図).png

第1図以下の指し手
▲6三桂成△同 玉 ▲6六香 △7二玉
▲3六角 △5四桂 ▲5五歩 △7八銀
▲同金上 △同 馬(第2図)

▲6三桂成から後手玉に迫るが、狙いの△7八銀が実現した。

20121127(第2図).png

第2図は後手優勢。以下、66手の短手数で後手の菅井五段が勝った。

2.私の実戦

20121127(テーマ図).png

テーマ図以下の指し手2
▲4八金 △8八角成▲同 銀 △3三角
▲2一飛成△8八角成▲5五桂 △6二玉
▲7五角 △3二銀 ▲1一龍(第3図)

本局では、△5七歩に対して村田五段とは逆方向の▲4八金と寄った。

また、△6二玉に▲1一竜ではなく、▲7五角と打った。

20121127(第3図).png

第3図以下の指し手
△8九馬 ▲5七金 △6五桂 ▲5八金引
△7八銀 ▲6六香(第4図)

第3図での指し方が難しい。本譜は△8九馬と桂を取ったが、このタイミング
で▲5七金と拠点の歩を取られてしまった。

第3図で△5七歩▲4八金の交換がない形なら△5一金右が定跡。

本譜でも△5一金右と指した方がよかったかもしれない。
次に△9九馬〜△8九馬で桂香を取りつつ△6七馬を見せ、▲5七金と防いだ
ときに△6五桂と攻めるのが狙い。

20121127(第4図).png

第4図となっては、後手が攻めあぐねている感じで、実際後手の攻めが細く、
負けてしまった。

プロの将棋では超速が多く、なかなかテーマ図の局面にならないが、これから
何局か指されないと△5七歩の是非についての結論は出ないであろう。






記事が気に入ったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ




【ゴキゲン中飛車の最新記事】
posted by yamataka at 01:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴキゲン中飛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

参考図1の△7二玉では△2二飛でどうでしょうか。
▲4六角△2六飛打が受けにくい様に思います。

第3図に至る途中の▲7五角には△5一飛と言う手も考えられそうです。
▲4三桂不成ならそこで△3二銀として、▲5一桂成△同金右▲2五龍△7八銀▲6八金△8九馬▲5七金右△3五桂でどうでしょうか。
▲3六龍なら△6五桂が▲5八金引△7九銀不成▲6九金△7七桂不成という感じで。
Posted by ゴキ研 at 2012年12月02日 15:44
ゴキ研さん、お久しぶりです。
コメントいただき、ありがとうございます。

参考1図の△7二玉は▲6五角を受けた手ですが、△2二飛はなるほどです。
先に攻めようという手ですね。
△2六飛打となると、△2八飛成が受けにくいですね。

▲7五角に△5一飛は思いつきませんでした。
△3二銀で飛車を取らせる順は過激ですね。
△7七桂不成の局面は自玉は手付かずですが、攻めが細いので、
攻め切れるかどうかの勝負ですね。

この変化はもう少し研究してみようと思います。
Posted by yamataka at 2012年12月02日 16:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。